世界で最も愚かな子供

男の子が理髪店に入ると、理髪店は顧客にささやきます。「これは世界で最も愚かな子供です。見てください、そして私はあなたにそれを証明します。」


床屋は片手にドル紙幣を持ち、もう片方の手に4分の2を持って、男の子に電話をかけて、「息子、どちらにしますか?」と尋ねます。

少年は四分の一を取り去ります。

「私はあなたに何を言いましたか?」床屋は言います。 「あの子は決して学ばない!」

その後、顧客が去るとき、彼は同じ男の子がアイスクリーム店から出てくるのを見ます。 「ねえ、息子!なぜドル紙幣の代わりに四分の一を取ったのですか?」


少年はコーンをなめ、「私がドルを取る日だから、ゲームは終わった!」と答えます。