グレイズアナトミーシーズン11エピソード12レビュー:「グレートプリテンダー」


先週のジャクソンとエイプリルとの心的外傷の後、 グレイズアナトミー 毎日の仕事に戻る必要がありました。グレイスローンメモリアルでは、気紛れになってあなたの内なるティーンエイジャーを受け入れることを意味します。

メレディスは、デレクに会うための週末の休暇についての友人からのすべての質問を避けて、非常に危険な顔をして家に帰ります。他の人は追いつかないかもしれませんが、マギーはデレクから彼の妻がどこにいるのかを尋ねる個人的な電話を受けたので、彼女は彼女の妹が正直ではないことを知っています。メレディスがメレディスであることは、正直である代わりに、マギーとの防御を続け、彼女を評価されていないように感じさせます。では、メレディス・グレイは世界のどこにいたのでしょうか。どうやら町では、飛行機に乗れなかったので空港近くのホテルの部屋で。彼女は後にアレックスに、誰にも何もしていないのに、一人でいるのが実際に楽しかったことを認めます。彼女は離婚を望んでいませんが、今はデレクと一緒にいたくないだけです。

森へのハイキングは、ベン、ベイリー、ベンの兄弟であるカートが最後の休憩所に灰を置いたため、ベンの父親の葬式を兼ねています。カートが崩壊し、その後無意識のうちに丘を転がり落ちるが、彼らが森から抜け出すことができる前に。メレディスは、女性になるための移行期にあることを認めるまで、カートの研究室で何を見ているのか理解していません。ベイリーがそれを理解するのにそれほど時間はかかりませんが(「そのような眉毛を持っていると私は殺します」)、ベンもそのニュースを受け取りません。ベンが知らなかった方法で頭を包むのは難しく、彼は傷を負わせて彼を圧倒させます。ミランダベイリーは、飛び込むように頼まれるのを待ちません。そして、彼女は、夫が乗船しているかどうかにかかわらず、少なくともこれが起こっているという事実に直面するように夫に強制します。彼女は、ジャクソンに移行プロセスのコンサルティングを開始させることで、カート/ロザリンをサポートしています。

ハーマンは今週本当に本当に楽しいです。死にゆく女性だけが全力を尽くすことができることをして、彼女の道に判断を下すことなく人生のすべてを受け入れます。彼女は浮気を楽しんでいて、アリゾナがアレックスと非常に裸のジョーと一緒に暮らすことに不快感を覚えています。彼女は「汚い女の子」で偽善者のアリゾナが彼女の無分別さの後で何であるかについて笑いを止めることができません。ハーマンが実際に行っていることは、アリゾナの目を開いて、あなたが人生を楽しむことになっているという事実に目を向け、誰にもあなたがただ動きをしているように感じさせないことです。誰かが知っているなら、娯楽のために病院の家具を盗むのは死にかけている女性でしょう。


医者だけがフリークを持っているわけではありません。カリー、アメリア、ジョーは、フェイントの呪文を偽造している患者に対処します。彼女は、ボーイフレンドの声が聞こえなくなったため、階段を転がり落ちた後、病院に上陸しました。彼氏は非常に退屈で敏感すぎるので、女の子は実際に彼から逃げるために彼女の命を危険にさらしました。これにより、アメリアとカリーは存在しない愛の生活を振り返ります。いつも家の中を半裸で走り回っているジョーが健全な関係にあるのは悲しいことではありませんか?アメリアとカリーが自分の愛の生活を直すことができない場合、彼女が再び命を危険にさらすのを防ぐためだけに、少なくとも患者を助けるつもりです。それで、それは圧倒的なボーイフレンドに別れを告げ、そして新しい経験にこんにちは。アメリアは、深刻なリップロックで終わるオーウェンを訪問することでゲームを取り戻し、カリーはただ踊りに行かせます。

ウェバーは孫を失うことでキャサリンを助けるために最善を尽くしていますが、彼女は自分よりも病院へのアクセスのためにウェバーに興味を持っていることが明らかになりました。キャサリンは、息子と義理の娘が亡くなった後も、立ち往生して監視することに必死ですが、彼女の説明はストーカーのように聞こえます。ウェバーは慣れているように感じますが、キャサリンは、パワフルな女性が彼の気持ちを傷つけるまで魅力的であると彼に言ったとき、良い点を述べています。これはウェバーがエリスグレイと一緒にしたことを認めているので、今度は彼が両方の方法でそれを行うことはできないことを認識する必要があります。


これが私たちが恋に落ちた理由ですグレイズアナトミーそもそも。このような高圧で感情的に疲れる環境で働くときは、人生の楽しみを見つけることが重要です。

医師がリスクを取ることに戻ったことについてどう思いましたか?メレディスとデレクが耐えられないほどのリスクはどれくらいですか?


[ABC経由の写真]